CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

STUDIOWORK

食べる・観る・読む・触る・動く 五感を刺激するもの大好き!
<< 九州国立博物館 | main | この胸いっぱいの愛 >>
いつか読書する日
50歳で独身の女性。早朝の牛乳配達、昼間はスーパーのレジ、夜は大好きな?読書。
独りで生きることを決意した彼女。
50歳で役所の職員、がんに侵された妻の介護と、仕事でもある児童の保護に力を入れる。平凡に生きることを10代で決意している彼。
彼の父と彼女の母は不実な恋の末、事故死し、そのときから離れてしまった二人は、同じ町に住んでいながらすれ違いの生活を選んでいる。
彼女の配る牛乳が唯一の接点であることに気付いた病床の妻。いくばくも無い生涯の最後の願いとして、二人が一緒に暮らすことを願う。
ずっと我慢をしてきた二人だが、妻の死の後、あるきっかけから堰を切ったように求め合う。
長崎の町を舞台に、坂の情景が凄く良くって。それに早朝の空気の感じまで伝わってきます。
30年間思い続けることってできるのでしょうか
| BOOK  Life | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.studiowork.jp/trackback/245409