CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

STUDIOWORK

食べる・観る・読む・触る・動く 五感を刺激するもの大好き!
<< ALWAYS 三丁目の夕日 | main | ハリーポッターと炎のゴブレット >>
TAKESHI'S
これだけスピードのある編集を見せられると。さすがだなあと云うしかないでしょう。
主演、監督、編集とエンドロールに名前を乗せていました。映画小僧、北野武の本領でしょう。
カンヌのサプライズ上映作品だというだけの評判でしか世間が注目しないのが残念です。
確かに輻輳するストーリーは難解に見えるし、かといって中身が深いかというと、そうでもないし。北野ギャグの連発は安っぽく見える部分も多いのですが。要は面白いかという部分に注目すると。文句なしに面白い。これで充分でしょう。
自らの体験をシニカルに組み立てていき、自分自身を笑い飛ばしているところもタケシらしいところです。
しかもハニカミながら。
| CINEMA Life | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.studiowork.jp/trackback/255215