CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

STUDIOWORK

食べる・観る・読む・触る・動く 五感を刺激するもの大好き!
<< OSAKA | main | EAT MORE GREENS >>
トランスフォーマー
特撮という範囲を超えて、どこまでが実写か判りません、もしかすると全編CGで描かれていたりして
それでも、ここまでリアルに描かれると子供が見たら本当にいると思ってしまうだろうなあ。

ストーリーはテンポ良く進んでいくんだけど、なるほど、こう来ましたかぁ。アメリカって相変わらず機密が好きだよね。

異星人のキャラクター達に、だんだん感情移入していくと、本来持っている性質が変わっていきますね、ここらへんは『ET』に近いかもしれない。
そういえば『エイリアン』シリーズで一番怖かったのは第1作で、これは『エイリアン』という存在がそれまでに知られていなかったことが徐々に判っていく中で、得体の知れない謎の生物?らしいものに、宇宙船という閉ざされた環境の中で襲われていくことで恐怖感が増していったのだ、この『トランス・・』では、ストーリーが進むにつれてキャラクターの性格が人間よりになっていくので、楽しさ、おかしさと同時に物足りなさも感じた。これは『エイリアンシリーズ』も作品が進むごとにエイリアンの性格付けが変っていったのとは少し違っている。これは『スパイダーマン』でも感じたことなんだけどね。

それにしても、日本発の超合金ロボットがこんな形で映画になっていくのが、何より愉快でした、映画を作った連中も夢中になって遊んだ口なんだろうね。結構無理無理で変形して行くロボット→車という図を、何故と聞いてはいけないんだな。

エンディングは、永井豪が描きそうな絵だったんですけど・・
| CINEMA Life | 22:30 | - | - | - | - |