CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

STUDIOWORK

食べる・観る・読む・触る・動く 五感を刺激するもの大好き!
VOYAGES AYERS ROCK Resort
 シドニーから3000キロ超 真っ赤な砂漠の真ん中へやってきました。
 





 そんなところにお洒落なホテルがあって、プールですよ。



 ここでもビール・ワイン
 小腹が空いたのでハンバーガーを頼むと、このサイズ。



 ポテトもこれです。



 気温は高いけど、空気が乾いているので日陰なら快適です。



| FOOD Life | 17:43 | - | - | - | - |
IT'S BEER OCLOCK
DILBYからの帰り道、陽も傾いてきたけど まだまだ先は長いね。

 反対車線にこんな看板を発見!



 ユーターンしてカートン買いですね。プシッ。ドライバーさんごめんね。



良い感じのカフェです。もうちょっとすると身体のゴッつい連中がやってくるんだろうなあ。
| FOOD Life | 20:31 | - | - | - | - |
glass brasserie
シドニーで名の通ったレストランの一軒「Glass」に行きました。

「Tetsuya」はいまや3ケ月待ち!なんて状況ですから、急遽決めたシドニー行きでは無理でした。
「Glass brasserie」はシドニーヒルトンホテルの2階。ホテルのメインダイニングでもあるので、230席の大箱で、ホテルの2、3階を使っている高い天井が印象的です。



店に入るとその天井まであるワイン棚が大迫力です。事実ワインのストックはなかなかのものだそうです。



19時集合は早かったようですが、空席は時間とともに埋まっていき、21時過ぎに帰るころには、ほぼ満席に近い賑わいでした。


この「Glass」、スターシェフ LukeMangan は新丸ビルに「salt]を出店していることで知られていますね。

http://www.lukemangan.com.au/

料理はモダンオーストラリア料理というジャンル?フレンチをベースに多国籍国家オーストラリアならではの、いろんな料理のハイブリッドですね。今回同行した友人は野菜の天ぷらでしたし、Oysters & Sashimiなどという言葉がメニューに並びます。



私はせっかくなので、アンガス牛のグリル。残念ながらグレインフェッドでしたので柔らかいサーロインでした。ハーブとマスタードを塗って焼いてあるので香ばしく風味の良いものでした。



アラカルトでの注文になってしまい、いろいろな料理を試すことが出来なかったのが残念ですが、料理の一つ一つは、工夫と手間が掛かっています。

http://www.glassbrasserie.com.au/

メニューに kurubota ってのがあるのですが、これって黒豚のことですかね ま御愛嬌でしょう。
| FOOD Life | 23:12 | - | - | - | - |
DOYLES Seafood Restaurant
シドニーはオーストラリア最大の街ですが、ビルの立ち並ぶ市街地から30分も外れると風光明媚なリゾートにたどり着きます。
11月というと南半球では初夏。すでに海岸では甲羅干しするビキニのお嬢さんもチラホラという状況です。コートを着て成田を飛んだ身には、仕事モードを忘れさせる環境にあります。
深い入り江であったために港として栄えたシドニー湾を太平洋の荒波から守っているのがハドソン岬、その内側に1885年から建っているというのが 

DOYLES Seafood Restaurant



http://www.doyles.com.au

シドニー近郊やタスマニアから取り寄せた海産物を、オリジナルのソースと共に提供しています。
そのボリュームたるや、ロブスター一匹にエビ、牡蠣、サーモン、ムール貝を山盛りにしたシーフードプラッター。ロブスター半身にソースを掛けたグリル。サラダも山盛り







これを地ビール(DOYLES LAGAR)とワインで頂きます。



シドニー湾の青空を眺めながら、昼間から・・・すみません。
| FOOD Life | 16:48 | - | - | - | - |
EAT MORE GREENS
 東京麻布十番に野菜だけの料理を提供する。ベジタブル カフェ&ベーカリーがあります。店名が『イートモアグリーンズ』  「もっと野菜を食べなさい」という意味みたいです。

 外観は、なかなかお洒落でNYのカフェを目指しているみたいです。週末は野菜の即売などをやっています。八百屋さんじゃないので可愛いものです。九州では考えられないお値段。


http://www.eatmoregreens.jp/index.html

ランチメニューです。

一汁一菜プレート
A Bowl of Soup and One Dish Plate

¥980
玄米十穀ごはん、おかず、野菜の汁、お新香を盛り合わせた本日の和プレート。

本日の自家製ブレッドとサラダ&スープセット
Today's Homemade Bread, Salade & Soup SET

¥1,200
メニューにつきましてはスタッフにお尋ね下さいって。イチジクを使ったスープみたいなの。ちょっと甘くて  不評。


RICE&GRAINセット (黒米&黒豆のベジタリアンタコライス)
Rice & Grain SET (Vegetarian Taco-Rice of Black Rice & Black Soybean )

¥1,200
じっくり炒めた9種の野菜と、りんごで甘みを惹き出し、ナッツやすりおろした高野豆腐でコクと食感を出したハラペーニョと、5種類のスパイスとトマトで煮込んだベジタリアンタコミートを、黒豆と黒米を加えた玄米ごはんとあわせました。新鮮な葉野菜やアボカドのサラダとまぜてお召し上がりください。

僕が頼んだのはタコライス、説明を読むまでは、肉の代わりに高野豆腐を使っているなどとは思いもしませんでした。

野菜をどう食べてもらうか、考えるには良い店ですね。
| FOOD Life | 00:51 | - | - | - | - |
何故、いま発売なのか?
 この商品が何故、このタイミングで出てきたのか?

カップヌードル


==============================================



"詰め替え用"は、世界に1つのマイカップで
1月22日22時49分配信 MYCOMジャーナル

日清食品は、プラスチック製リユースカップを使用する詰め替えタイプの
カップヌードルを3月26日より発売する。「楽しく食べて、エコスタイル」
をコンセプトに、味や量を保ちながら省資源・省スペース・ゴミの低減を
実現、さらに専用カップはWebサイトでオリジナルのデザインを作ることも
可能だ。

今回発売されるのは、「カップヌードル リフィル (詰め替え用)」
「カップヌードルシーフードヌードルリフィル (詰め替え用)」。
めんの味や量を保ちながら大きさを従来比約80%に圧縮し、真空パック包装
をすることによりパッケージをコンパクト化したという。
スープの味や、具材の量・種類はそれぞれのカップヌードルシリーズ
と同じということだから、従来からのカップヌードルファンも安心だ。
さらにロゴや基調カラーは「カップヌードル」を踏襲したものになって
いるなど、スタイルが変わってもブランドイメージが統一できるよう、
様々な工夫が凝らされている。
============================================



1)発泡容器を含めゴミの発生を減らすため。
2)カップのサイズを小さく出来るので物流コストを抑えることが出来る。
3)カップヌードルの技術的特許である、麺の下に空間を設けることで麺を壊すことなく、且つ3分間で調理できるというスキームを踏襲するリユースカップが開発出来た。
4)創業者の安藤百福さんが亡くなって、しがらみが解けた。

 さあ、どれでしょうか?

1)は企業の取り組みとしてアピールすることが必要です。発泡カップは袋麺と違ってゴミの量が多いですからね。
2)これはエネルギーコストに関わりますし、商品の梱包あたりの単価に影響が出ます。結果、売り上げを押し上げる可能性はあります。
3)何故、リユースカップをプラスチック製にしたのでしょうか?ここは疑問。オリジナルのカップを作ることが出来るというのを謳っていますがエコロジーを表に出すのであれば陶器製のものにすべきだったのではないかと、私は思います。
4)意外とこれが本音だったりして。

 容器を変えるということが出来るのは日清だけかもしれません。
 でも、いつでも何処でも。マイカップ持参というのは難しいのではないでしょうか?

| FOOD Life | 22:26 | - | - | - | - |
福一零三九
 上海の人口は800万とも1000万とも云われます、その中に日本人が10万人も暮らしているそうです。
 その日本人をターゲットに情報誌を発行している会社の社長さんと食事。
 紹介してくれたのが、隠れ家的なレストラン『福一零三九』1039というのは番地みたいです。暗い路地の奥を曲がり込むとフランス風の洋館がライトアップされています。(写真はホームページから。)
 なかなかお洒落な店です。

http://www.fu1039.com/

福壱零三九

 黒服のギャルソンがサーブしてくれます。
 前菜もお洒落です。レンコン餅ですが。

 レンコン餅

 鶏の冷製。スープのシャーベットが乗っています。

鶏肉の冷製

 高野豆腐の炒め物って多いですね。

高野豆腐

 川えびのソテーというか炒め物です。ぷりぷり

川海老

 蟹の茶碗蒸し風、深い味わいです。 

茶碗蒸し
 
 牛肉の炒め物、甘いソースが絶品。

牛肉

 蟹とアルパラの炒め物

蟹とアスパラ

デザート
 
 デザートは、ナッツのお餅、お汁粉でおなかいっぱい。
| FOOD Life | 20:10 | - | - | - | - |
冰火縁 明珠店
 2日目は しゃぶしゃぶ ビルの2階にある専門店、暗い店内は上海の人には特別な食事の場所になっている様です。テーブルは電磁調理器です、このあたりは日本と変りませんね。

火鍋

 材料は、牛、羊、きくらげ、冬瓜、鱈、きのこ、川海老。

牛など

 つみれみたいなのもあります。

つみれ

 鶏がらスープであっさり美味しくいただきました。
| FOOD Life | 20:31 | - | - | - | - |
南翔饅頭店
 上海の観光名所『豫園』、政策的に名所旧跡の少ない中国では珍しい名所。付近は観光と買い物スポットになっています。その門前で100年以上も続く「小籠包」専門店。

 ジグザグの橋は悪霊が渡れない。ということで九つに折れた橋。
豫園

 その門前で3階建ての南翔饅頭店。

南翔饅頭店

 1階にはテイクアウト専門で200人くらいの行列が出来ている。2階に、3階がテーブル席、それぞれに数十人の列が出来ています。

 これが絶品の蟹味噌小籠包 あつあつです。

蟹みそ小籠包

 先に少し齧ってスープをすすらないと熱くて火傷してしまいます。
 スープだけの包頭もあります。

スープ包頭

 一日に何個包むのでしょうか。全て手作りの様です。

詰める

 上海蟹だけより、ぐっと味が濃くって美味しい小籠包でした。
| FOOD Life | 12:23 | - | - | - | - |
上海東駿燕窩魚翅海鮮酒家
 初日の夜は海鮮料理
 5階建ての1階にはイケスがど〜ん。
 あるはあるは、鯛、鮫、ヒラメ、海老、鮑、上海蟹くらいは大人しい方で、牛蛙は経験はあるけど、ゲンゴロウって・・・
 その中でも強烈なのが、海腸。どうみてもミミズ。

海腸

 でも、これが炒めるとホルモンみたいでコリコリシコシコで美味い。

海腸の炒め物

 ま、普通のものも食べます。
 これヒラメ。右口ならカレイでしょうか。

ひらめ

 ヒラメの清蒸

清蒸

 絶品だったのは、蟹味噌を絡めた豆腐。味が濃いんですよ。

蟹豆腐

 さて、これだけ食べて7人で、酒も飲んで845元。2000円ちょっとです。

845元

 食べ物は安い。これは実感です。

| FOOD Life | 23:14 | - | - | - | - |